滋賀で創業するなら創業支援課

滋賀県産業支援プラザ 創業支援課 TEL 077-511-1412 FAX 077-511-1418

2016/09/28

起業に失敗しないために会計の基礎知識とこんなに便利なクラウド会計

平成28年9月27日(火)13:30~17:00まで、「起業に失敗しないための会計の基礎知識とこんなに便利なクラウド会計」を開催しました。



講師は、税理士法人B/Sマネジメント 代表社員税理士 村松武司氏です。

今回のテーマは、起業家との雑談の中で「会計ソフトは何が便利なのか」という話題となった時に、「クラウド会計ソフトが便利で、おススメ」というのがきっかけで、セミナーを企画しました。

その起業家がおススメするポイントは、「記帳作業をすべて自動でやってくれるので、わずらわしいことがない。試算表などすぐに見ることができるので、経営上役立つ」というものでした。その代わり決済はネットバンキングかクレジットカード。現金を使う機会は少なくなったというものでした。

クラウド会計を調べてみると、ネットバンキングやクレジットカードの情報を自動で取り込むため、その時点の試算表ができます。従来のパソコンにインストールするタイプの会計ソフトは、取引結果を元に、入力作業を行う必要がありましたが、その手間が省けて便利になっていることがわかりました。

それがきっかけとなり、村松氏にクラウド会計セミナーの相談しました。

すると村松氏からは、こんなに便利なツールは使うにこしたことがない。しかしながらメリットとデメリットがある。それらを把握した上で活用するのがいいでしょうとアドバイスをいただき、「起業に失敗しないために会計の基礎知識とこんなに便利なクラウド会計」を開催することになりました。



会計ソフトが自動で仕分けをしてくれると言っても、それを使うのは人です。経営を代行してくれるわけではありません。必要な知識を持っていなければ無用の長物です。そこで、経営をする上で必要な、貸借対照表と損益計算書の基本を学びました。

今回のセミナーとワークショップではゲームを通じた学びをしました。

会社を作り、資本金と借入金により資金を調達し、船を買い、船乗りを雇用し、コショーを仕入れに旅をして、買付け、販売することを、「仕分け」しながら行っていきます。仕分けのタイミングでは、AとBのどちらかをくじを引くという運任せ。よい条件になることもあれば、悪くなることもあります。

実際にやってみると1回目は赤字、2回目は少し黒字、3回目は大幅黒字という結果となりました。2回目、3回目ともなると、参加者は仕分けのツボがわかるようになっていました。

ある参加者は、休憩時間に、「数字は苦手でついていけないかもしれない。帰った方がいいか悩んでいる」と不安を抱いておられましたが、最後までで参加され、基本を理解されました。
そして、今度は、事業の相談にいきますとのうれしい声もありました。事業化に向けてがんばってもらいたいです。


他に、コラボしが21インキュベーション創業準備オフィスの内容と見学の希望もあり、起業を応援していきたいと思います