滋賀で創業するなら創業支援課

滋賀県産業支援プラザ 創業支援課 TEL 077-511-1412 FAX 077-511-1418

2016/10/12

PDCAを回せではなく、OODAループを繰り返す。

PDCAを回せではなく、OODAループを繰り返す。



PDCAとは、Plan(計画)→Do(実行)→Check(評価)→Act(改善)の4段階を繰り返し、業務を改善することである。

一方、OODAループの読み方は、オオダループではなく、ウーダループという。観察(Observe)→ 情勢判断(Orient)→ 意思決定(Decide)→ 行動(Act)を継続的に繰り替えす(ループ)ことをいう。

米国空軍のジョン・ボイド大佐が考案した意思決定理論。ボイド自身が経験した朝鮮戦争の航空戦についての洞察を基盤にして、指揮官のあるべき意思決定プロセスを分かりやすく理論化したものである。

この考えをビジネスに活用すれば事業を成長させることができるという考え。

クリエイターズ・コード(エイミー・ウィルキンソン著)を読んで、OODAループのことを知った。
OODAループを繰り返すことは、訓練すれば身につくという。ゼロから1を生み出したクリエイター(天才たち)が実践していることして、紹介されている。

現代は瞬時のコミュニケーションが可能になり、テクノロジーの進化も著しく、日常尾的な変化の対応が左右される。環境を解析し、的確に行動し、速やかな調整で優位に立つというOODAループを繰り返し、ライバルに勝つことが必要だという。

この考えは、創業準備オフィスの支援の現場に活かすことができる。
また、我々が取り組む滋賀県の創業支援への活用も考えたい。

コラボしが21インキュベーションでは、滋賀で起業を志す方、創業間もない方の支援施設です。
平成28年10月末まで、創業準備オフィス創業オフィスの入居者を募集しています。