滋賀で創業するなら創業支援課

滋賀県産業支援プラザ 創業支援課 TEL 077-511-1412 FAX 077-511-1418

2017/02/19

砂糖や添加物など一切使用しない菊水飴


昔懐かしいやさしい甘さの「菊水飴」をいただきました。

菊水飴は、江戸時代より北国街道の名産として、長浜市余呉町で販売されています。
飴の特徴は、穀物でんぷんを麦芽糖化した水飴で砂糖や添加物など一切使用せず、独特の風味をもつ昔懐かしい手造りの飴(菊水飴ホームページより抜粋)です。

そんな菊水飴のパッケージがリニューアルされたのです。事務所の女性陣は、右側のパッケージがかわいい!と好評でした。長浜北商工会のサポートで、新しくなったとか。

東京の展示会に出したところ好評で、引き合いがあるそうです。
ストーリーがある「菊水飴」は、歴史を感じながら、昔懐かしい飴を楽しめます。

このような商品をいかにつくっていくのでしょうか。

単にパッケージを変えただけではありません。歴史やストーリーを楽しむというスパイスが、一味も二味も美味しくしてくれます。

こういった商品開発をしたいと考えた時に、何をどうすればよいのでしょうか。具体的なことがわからないという方も多いのではないでしょうか。

今回、支援プラザでは、2つのセミナーを開催します。
1つ目は、2月22日(水)コラボしが21 3階にて、「付加価値を高めるデザインとは」をテーマに、滋賀県立大学の南先生に講演とワークショップをしていただきます。

もう1つは、3月1日(水)に滋賀県庁にて、「デザインの力で中小企業を元気に!」をテーマに、有限会社リンク・コミュニティデザイン研究所の由井氏にセミナーとワークショップをおこなっていただきます。

いずれも、デザインと中小企業の強みを活かして、売れる新商品、デザインをつくるというものです。売れるためのヒントがぎっしりと詰まったセミナーとワークショップです。
更に、開発する時の助成金として、しが新事業応援ファンドもあります。

是非とも、2つのセミナーに参加されてはいかがでしょうか。