滋賀で創業するなら創業支援課

滋賀県産業支援プラザ 創業支援課 TEL 077-511-1412 FAX 077-511-1418

2017/02/23

自分のシンボルマークを創る

「自分のシンボルマークを創る」。

これは、2月22日に開催した、ビジネスカフェのワークショップのお題です。
自分のシンボルマークを創るプロセスを通じて、デザイン、ブランディングの入り口を体験してもらおうというものです。


シンボルマーク創りワークショップの流れ

1.自分の名前や所在地、強みや好きなことなどをキーワードで書き出す。
2.他人にキーワードを見せて内容について対話する。
3.対話の中で気づいたことがあれば、書き加える。
4.ラフ案づくり
5.清書

はじめての体験であり、戸惑う方も多かったのですが、思いの籠った作品ができました。
それを壁一面に貼りだしてのポスターセッション。
遠目にも良いか否かを見てもらいました。

自分で描いたシンボルマークには、自分の強みであったり、こだわりなど、自分にとって重要なキーワードが盛り込まれています。自分の中にあるもの、それは「本質価値」です。

そのことを体験していただきました。


セミナーとワークショップを行うのは、滋賀県立大学の南政宏氏です。
大学で教える傍ら、滋賀県内の企業の商品開発に関与されており、作品は国内外で高い評価を得ています。

今回のテーマは「付加価値を高めるデザイン」としましたが、付け加えてデコレーションするのではなく、「本質価値」を大切にしたデザインづくりがポイントということを学びました。


先生からたくさんの事例を聞きました。ある会社の商品群を手掛けられており、単体のパッケージをデザインするだけではなく、商品群と周辺のアイテムまで、すべてをデザインされ、それがブランドになっていく様を垣間見ることができました。

学びと体験を通じて、起業のお役に立てれば幸いです。

関連するビジネスカフェとして
3月1日(水)には「デザインの力で中小企業を元気に」を滋賀県庁で開催します。