滋賀で創業するなら創業支援課

滋賀県産業支援プラザ 創業支援課 TEL 077-511-1412 FAX 077-511-1418

2018/01/22

新年あけましておめでとうございます!

皆さまには穏やかな平成30年のお正月をお迎えのことと心よりお喜び申し上げます。
本年も引き続き創業支援News Letterでは、プラザの創業支援活動についてわかりやすくお伝えできるよう努めてまいります。
2018年新春号の発行に際し、先ずは創業支援の要となる、インキュベーションマネージャー(”IM”)についてお話しをさせて頂きます。
 IMとは一般には聞きなれない呼称ではありますが、起業家をやる気にさせるメンターのことであり、どんな困難や問題に対しても挑んでゆく勇気を与えることができる起業家の伴走者のことを言います。

プラザには現在10名のIMが日々起業家の支援を担当しています。「あの人に会ったことが、自分の人生、ビジネスを前向きに変えるきっかけになった」「あの出会いによって、私の新しい人生、ビジネスが始まった」まさに、そんな存在こそがIMです。
ただ、IMだからと言ってあらゆる問題に精通し、解決できるような、経営手法やノウハウを持っているわけではありません。
 IMが注力するのは直接的に「起業を成功させること」だけではなく、「起業を成功させる人財を育成すること」にあります。よく起業家にアンケートを採ると①「資金不足」②「販路拡大」③「信用不足」といった課題が浮かび上がってきます。
その結果、①資金を与えよう、②販売チャネルを紹介しよう、③信用を付加しよう、という直接的な支援策が当然に頭に浮かびます。
しかし、これらの問題は経営に関わっている限り、おき続ける問題であり、場当たり的な支援策ではどうにもならず、直接的な支援策だけでは、結果的にいつまでも支援し続けなくてはならなくなってしまうものです。
 IMは、このように起業家が困っている問題を直接解決するだけではなく、次のような人財を育成することに注力しています。
①資金が足りない時には、自分の力で資金を集めることができる。少ない資金でも、知恵を出して活路を見いだせる。②販売チャネルがなければ自分の努力でつくりだすことができる。③日々の行動から、信用をひとつひとつ積み上げてつくることができる。


 つまり、IMは高い壁があって前に進めない起業家の為に、壁を低くしてあげるのではなく、その高い壁を自分の力で乗り越えていけるような起業家を励まし、育てることにあります。
 今年は戌年。私たちプラザのIM10名も、起業家の役に立つ「ワンランク上」の創業支援を目指します。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。