滋賀で創業するなら創業支援課

滋賀県産業支援プラザ 創業支援課 TEL 077-511-1412 FAX 077-511-1418

2018/03/02

ビジネスカフェあきんどひろばin大津 アントレプレナー養成講座「今から作っておきたい! マーケティング実践講座」を開催 

 今期4回目のアントレプレナー養成講座シリーズを「今から知っておきたい!マーケティング実践講座」と題し22日より3回連続講義を行っています。
一言で「マーケティング」といっても売り方や宣伝の仕方だけではありません。効果的な「自社だけのマーケティング」を行うために、今回の講座も中小企業診断士の田内先生に講義をお願いしました。
「マーケティング」の究極の目標は、顧客自ら売ってほしいといってもらえる商品を開発することです。そのためにまず、マーケティングの成功事例として『伊賀の里モクモク手作りファーム』の販売手法を取り上げ、消費者に「おいしさ」や「安全」を効果的に伝え購買に繋げるための取組みを紹介されました。同社が3年がかりで作った伊賀豚のソーセージやハムを、ただ売るのではなく、体験教室に参加してもらうことで、肉本来の味や安心安全を伝え、製造から販売までの工程を理解してもらう場を設けるなどの工夫をすることで顧客にファンになってもらい、価格が高くても納得して同社の商品を選択(購入)してくれる顧客層を開拓しているという事例を紹介されました。

 この事例のポイントは、良いものを作っても普通に市場に流すだけでは商品の魅力が顧客へ伝わらず価格競争に巻き込まれてしまうということ。他社との競合に巻き込まれない為の創意工夫が大切ということを強調されました。また、創意工夫のコツのひとつとして、「自社視点を顧客視点に変換する」方法があります。
顧客視点で商品開発や売り方を考えてみることが、最終消費者である顧客の共感を得て売り上げへ繋げる近道だと説明されています。
 1回目の講義では「まず自社と他社を比較してみよう。」ということで、同業他社と自社を比較する簡単な方法を学習しました。2回目の講義では、「自社の商品をよく知ろう」ということで、マーケティングの4要素Product(製品)・Price(価格)・Place(流通)・Promotion(広報)についての説明と広報の種類の説明があり、某企業を例にそれぞれの要素毎に書き出すというワークショップを行いました。4Pの考え方を身に着け、自社の商品に落とし込むことが今回の課題です。
  最終3回目の講義では、自社の事業を小規模持続化補助金の申請書へ落とし込むという予定ですが、具体的な補助金申請を考えておられる受講生もおられ、どのような申請書が出来上がるか今から楽しみです。